【私のレポート】 餃子に合うお茶 ルイボスティー

ルイボスティー 味| 餃子の王将 | 餃子の作り方 | 焼き餃子 | 水餃子 | スープ餃子 | チャオチャオ餃子
 

餃子の王将

餃子と言えば、王将です。

しかも、王将の本店は京都の大宮にあります。

いままで20年間京都の王将しか食べた事がありませんでした。

しかし、働き始めてから、他府県の王将に行った事がありますが、店によって味が多少違う事に驚きました。

やっぱり、京都の王将の方がおいしかったです。

何回食べても飽きないのが、餃子です。

しかも、焼き立てあつあつの餃子が出てくるので、いつでも焼きたてを食べる事ができます。

家族で行くといつも、何品か注文し、それをみんなで取り分けています。

餃子もおいしくて、いつも注文していますが他にもいつも注文している物があり、それは、鶏のから揚げです。

普通の鶏のから揚げではなく、チューリップという物を注文しています。

下味がしっかりとついていて、衣もカリッとしているのでこれはやめられない味です。

今では、「大阪王将」というお店も大阪や兵庫など、近畿地方にできています。

ここは、味も違うし、餃子の大きさや味も違います。

名前は似てますが、京都の王将とは違うので、間違わないように注意してほしいです。

王将の生餃子をテイクアウトし、家でお鍋に入れてもおいしいです。

実家ではよく餃子鍋をしています。

しかし、にんにくがよくきいているので翌日は口臭に気を付けたいです。

 


餃子と言えば、関西人なら王将を思い出します。

大阪や兵庫に行けば、大阪王将というお店もあります。

でも、王将と大阪王将も味は全然違っていて、餃子の大きさなども違い、これは好みだなと思いました。

王将は餃子が一番おいしいと思いますが、それ以外にもおいしい物はたくさんあります。

よく家族で行く時は、一人ずつが定食を頼むのではなく、色んな物を頼んでみんなで取り分けています。

私は無類の鶏好きなので、やっぱり鶏の唐揚げが餃子の次に好きです。

家ではなかなか表現できない味で、外の衣のサクサク感と、中のジューシーな感じ、衣の味なども最高だと思います。

鶏の唐揚げの中でもチューリップというのが好きで、持つ所が骨なのでとても食べやすいです。

王将の餃子は焼き餃子はもちろんおいしいですが、生の餃子をテイクアウトして、鍋に入れて食べてもまたおいしいです。

お湯の中にいれすぎると、餃子の口が開いて中身が飛び出してしまうので注意してみていたほうが良いです。

焼き餃子だと、出来立てのアツアツを食べるのが、一番おいしい食べ方です。

家で餃子をする時はアツアツを食べたいので、ホットプレートで焼いてそのまま食べています。

王将の店舗によっては多少味が異なるので、おいしいお店を探したいです。



餃子とルイボスティー