【私のレポート】 餃子に合うお茶 ルイボスティー

ルイボスティー 味| 餃子の王将 | 餃子の作り方 | 焼き餃子 | 水餃子 | スープ餃子 | チャオチャオ餃子
 

焼き餃子

餃子の中で、焼き餃子で食べるのが一番好きです。

自宅で食べる時は、ホットプレートで焼いて食べています。

あつあつをすぐに食べられるので、さらにおいしさ倍増になるように感じます。

餃子をおいしく焼くためには、まず餃子を並べて少し焼きます。

そして、片栗粉を水で溶き、それを餃子の周囲に流しいれます。

そのまま蓋をして蒸らし、しばらくしてから蓋をとって、パリッとするまで焼きます。

片栗粉を水でといた汁を入れると、お店で食べるような、羽根つき餃子ができます。

さらにパリッとさせたいときは、フライパンで直火で焼く方がいいと思います。

焼き餃子には餃子のタレとラー油を付けるとおいしいです。

しかし、実家ではポン酢とラー油を混ぜて食べています。

ラー油を入れすぎると辛くなりすぎますが、市販の餃子のタレよりもおいしく感じます。

焼き餃子でおもしろい食べ方だなと思ったのは、鉄鍋餃子です。

鉄鍋餃子も、お皿に乗っている餃子よりも、さらにアツアツのまま食べる事ができるので、うれしいサービスだとおもいました。

他にも餃子には色んな食べ方があり、揚げ餃子や水餃子なんかもあります。

どれも、それぞれの味で食べ方も様々です。

餃子ひとつで、こんなにも色んな食べ方がある食べ物ってすごいなと改めて実感しました。



餃子とルイボスティー